PrizmaX 3/14 赤坂BLITZ ライブ行ってきました!~追記あり~

皆様こんばんは、Kaoruです。
年度末学生さんも社会人の方も
皆さんお忙しい時期かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

レポートが続きますが
今日のライブレポートは私のイチオシアーティスト
PrizmaXのライブです。

PrizmaX Official HP
http://www.prizmax.tokyo/

アメブロもされているそうですので
アメブロのURLも載せておきます
http://ameblo.jp/prizmax-a-gogo/

縁あって関係者の方からご招待をいただき、

先日、3月14日(月)赤坂BLITZにて
行われました
PrizmaX Level2~プリッとブリッツ!赤坂Priz~

に行ってきました。

もう、ヤバイです。
個人的にUVERworldと出会った時以来の衝撃です。

私は声を大にして言いたい。

最近のJ-POPつまらないと言っている人、
J-POPアーティストはK-POPアーティストに
敵わないと思っている人、

そしてPrizmaXは女の子にチヤホヤされる
アイドルグループだと思っている人

PrizmaXのライブを見たら
あなたの価値観、ひっくり返ります。

特に、彼らがイケメンであるが故に
どうせアイドルでしょ?と思ってしまう人

PrizmaXはただのイケメン5人組じゃないです
むしろ彼らの本当の魅力はルックスよりも

【一流アスリートに匹敵するストイックさ】

だと、私はライブを見て感じました。
そう言う意味ではむしろロックバンドに近い情熱を
持った”アーティスト”です。

20代のアーティストで
これだけのクオリティのパフォーマンスが出来る
グループが居てくれた事に、まず感謝です。

PrizmaXの何がスゴイかって

①歌上手い
②ダンス上手い
③ストイックさハンパない

結論を言えば、彼らは③だからこそ
①と②も持ち合わせているのだと思います。

UVERworld以来の衝撃だったと上述しましたが
私は、初めて聴いたUVERworldのCDが
3rdアルバムだったのですが、CDの完成度の高さに

今の若いアーティストがこれだけの音源を
ライブで本当に再現出来るのだろうか?

と疑問の念を抱いてしまいました。

ところが実際にUVERworldのライブを見に行き、
ここまでの完成度の作品を作れるアーティストに対して
”本当に再現出来るのか?”などと言った
疑問を持つ事自体が愚問で、失礼だったのだと分かりました。

そうした事が過去にあったため、
今回PrizmaXのCDを聴き、MVを見て

最後はライブを見て
自分の目と耳と肌で判断しなければいけないけども
恐らくこのアーティストがCDのクオリティを
ライブで表現出来る事は
間違いないと、8割9割は信じていましたが、

実際、ライブで彼らは
私が相当に抱いていた期待の更に上を行く
150%のパフォーマンスを見せてくれました。

以下、ライブを見た上での
個々メンバーに対しての感想です。

ボーカルのウィン君、ティム君は
2人とも甲乙つけられない素晴らしいボーカリストです。
ウィン君は終始安定した歌を届けてくれましたし
ティム君に関しては、通常アーティストの体力が落ちてくる
後半になるにつれ、どんどん歌がロックになって
良くなって行った事に驚きました。
(決して最初が悪かったと言う事ではありません。
またファンの方々はお分かりと思いますが、
ボーカリストの2人があのダンスと歌を
ステージで両立させるのは至難の業です。)

ラップ担当の大樹君は
ラッパーとしての技術は勿論、終始ライブの空気を読んで
少なくとも14日のライブを見た限りでは
彼がリーダーの仕事をしていました。
私が思うに、PrizmaXのキーマンです。

パフォーマーの有希君と翼君は
ダンスの才能は勿論の事、
ダブルダッチでのパフォーマンスはさすがでした。
以降のライブではもっともっと目立ってほしい
PrizmaXの未来だと感じました。

久々に人の”本気”に触れたライブを魅せてくれた
PrizmaXに感謝の気持ちでいっぱいです。

と言う事で、14日の記念品、グッズもろもろ。

夏には次のツアーも決まったみたいですし
今後の活動に注目&期待です!!

私も新人発掘育成頑張らなければ!!

それでは皆様、またここで
お会いしましょう!

Get your Future !!
From Kaoru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です