ストアカ講座開催40回記念レポート!!

皆様こんばんは、Producing office SOLEIL杉山薫です。
昨年2月に第1回めの開催をしてから1年半近くが経ち
先日、ストアカさんで募集をさせていただいております講座が
40回めの開催をすることが出来ました。

ひとつひとつの積み重ねではありますが、
本当に皆様のおかげでここまで来ることが出来ました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

そこで今日は、直近2回行われました講座のレポートをいたします。
(受講者の方にはご本人の了承をいただき、掲載しております)

開催第40回

受講者:KSさん(女性)
受講講座: オールジャンル対応!マンツーマンで楽譜もコードネームも学べます!
受講の理由:アンサンブル演奏会のメンバーになったため、譜面について 今一度勉強をしたい。
ピアノでのコード弾きが出来るようになりたい。
講座で知りたいこと:演奏会で披露する曲のコードネームが知りたい。

 

お話を伺いましたところ、KSさんのお悩みは演奏会で披露する楽曲の譜面に記載された
コードネームの構成音が知りたいと言うことでしたので、
イレギュラー対応で、KSさんがまず取り組みたいとおっしゃった曲の
コードネーム構成音をワンコーラス分私が書くことにしました。

↓まだ書き始める前です。

少々お時間をいただき、、、

 

書き上げました!

 

構成音を音符と、念のためドレミ表記でも書きました。

 

【ポイント】

出版されている譜面と、手書きで書かれている譜面の違いを認識する。
アレンジものに関しては出版されているものでも複数譜面が存在する曲もあるので、
自分のスキルと目的に合った譜面を選ぶ。
コードネーム表記については、書き方によって記載者の
コードネームについての知識が露呈されることもあるので注意。

KSさんの場合は、理論をお伝えするのではなく、
先に理屈抜きで答えを全て教えると言うことで対応させていただきました。

人により解決したい疑問は違いますので、
今回はKSさんの疑問、悩みを解決すると言うことに焦点を絞り、90分の時間を使わせていただきました。
※グループレッスンの場合はこのようなご要望には対応出来兼ねる場合もございます。

 

開催第42回

受講者:KSさん(男性)
受講講座: 1度の受講で楽譜とコードネームが学べる講座 初級編
受講の理由:好きなアーティストの曲が弾けるようになりたい。作曲も出来るようになりたい。
講座で知りたいこと:コードネームについて勉強したい。

42回めの講座受講者の、KSさん(男性)は
(余談ですが私もイニシャルKSです!)
クラシックではなくポピュラー音楽の理論を知りたいと言うことでご参加いただきました。

40回めのKSさん(女性)とは対照的に、KSさん(男性)には
コードネームの仕組みについて主に講義をさせていただきました。

【主に講義したこと】

Cメジャースケールにおける三和音とその機能
主要三和音、副三和音、Tonic、Dominant、Subdominantの各機能について。
メジャー、マイナー、セブンスコードの構成音の仕組みについて。
(ルートとの度数関係について)

【ポイント】

コードネームについては
各スケールの第Ⅰ音~第Ⅶ音の考え方、異名同音を理解する。
※ピアノ、鍵盤楽器から音楽を始めている人は特に意識的に取り組んでいただきたいです。

いわゆるJ-POP、ヒットソングと言うジャンルの音楽を理解するためには、
何かひとつの楽典分野を突き詰めることよりも基礎的な項目を満遍なく知ることが大切。

KSさん(男性)は、コードネームについて学びたいと言うことと、
作曲にも生かしたいと言うことでしたので
作曲スキルの訓練の仕方についても触れながら講義をさせていただきました。

講座終了後の1枚。
私もJ-POPと言うジャンルが大好きなので楽しく講座をさせていただきました!
小室哲哉さんの功績の大きさについてもお話が盛り上がりました!

 

★グループレッスンとマンツーマンの違いについて★
今回、42回めの開催でKSさん(男性)が受講された初級編は
本来グループレッスンでの内容となっております。

そのため、お申込みを複数いただいた場合は、今回のレポートとは異なる内容
(参加された方全員の疑問に対応していく)になりますのでご了承くださいませ。

Producing office SOLEIL主催の音楽理論、芸能についての講座は詳しくは

ストアカ 杉山薫ページ

またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

スケジュールが合うようでしたら、ストアカ掲載以外の時間帯でも開催可能です。
また、開催枠が出ていない講座についてもリクエストがありましたら
お気軽にお問い合わせください。

皆様とお会い出来ますことを楽しみにしております!

それでは、またここでお会いしましょう!

Get your Future !!
From Kaoru