Artist Produce

プロのアーティストになるための道を

芸能人になりたい、プロの歌手になりたい、大きな会場でライブをやりたい、等
様々な夢を持って、叶えたいと思いたくさんの人が挑戦しますが、
実際にその夢を叶えられる人はほんのひと握りです。
1,000人に1人、いえ、10,000人に1人も居ないかもしれません。

ここ10年15年ほどでスマートフォンの浸透等、私達を取り巻く環境が
大きく変化したことにより、以前では高額なお金を払ったり、厳しい審査に
合格した人でないと経験出来なかったことが、誰でも、安価で出来るようになりましたが
上述の通り、1万人以上のお客様を動員するライブをしたり、全国ネットの地上波TVに
出演すると言ったことのハードルが大幅に下がった訳ではありません。
むしろ、昔はメジャーレーベルと呼ばれる会社と専属契約をしなければ
作れなかった物品が今はお金さえ払えば誰でも容易に出来るようになったことで
プロとアマチュアの境目が分かりにくくなり、
誰でも「プロのアーティストっぽいこと」が出来るようになってしまったことは、
アーティストが自らの目標や方向性を
見失いやすくなってしまったと、私は危惧しています。

また、業界全体の売上高含め、音楽ビジネス自体の意義を問われるようなことも
ありますが、良質の音楽を求めている人達は必ず存在します。

Producing office SOLEILでは、これからプロのタレント、アーティストを
目指す方達に、プロっぽいことではなく、本当にプロのアーティストとして
音楽業界の第一線で働く方々に評価していただけるアーティストになるための
Lessonをいたします。そして、私はそれをArtist Produceと呼んでいます。

まずは目標と現実の距離を知ること、そして
プロのミュージシャンとアマチュアのミュージシャンの違いを学んでいただくこと
からスタートします。
地道に努力を重ねて行けば、あなたの頑張りは必ず誰かが見ていますので
是非、次世代の日本の音楽業界を背負って立つアーティストを目指しましょう!

【追記】2018/6/20

コンサート業界についてのColumnを書きました。
全4回シリーズです。是非お読みください。
(リンクは第1回の記事になります)
コンサート業界について①
http://kaorusugiyama.com/2018/06/20/2230/

募集要項はこちらからダウンロードも出来ます。
新人アーティスト募集要項

15歳以下のタレント、アーティスト希望者については
キャリアコンサルティングでのご相談を承っております。

詳しくはContactよりお問い合わせください。